どんなお店に合う?

いろいろな業種の店舗で導入していますが、滞在時間の長い店舗には有効な手段でしょう。最初は大人しくしていても暫くすると子供は退屈さを感じ、辺りを走り回ったり大人にちょっかいを掛けてきたりします。大事な商談ですから、企業の側も集中してもらいたいのと同時にお父さん、お母さんも集中して買い物をしたいのが本音です。本当なら大人だけで来店したいような場合でも、子供を預けることが出来なければ連れて行くしかありません。

スーパーなどでは、好きなお菓子を一つ買ってあげるだけで子供のテンションはあがり、割と大人しくしていてくれるものです。ですが例えばカーディラーや住宅展示場などでは大きな買い物をするわけですから、集中しないといけません。大きな買い物をする時は子供をどうやってコントロールするかが非常に大事になってきます。

また、飲食店でも有効です。小さい子どもは食べる量が少ない為、大人より先に食べ終わることがよくあります。子供が大人しくしていてくれないと大人は食事が十分に楽しめません。そんな時はチョットしたおもちゃ等があると有効的です。でもいつも遊んでいるおもちゃを持って来店しても、すぐに飽きてしまう場合が多いでしょう。そんな時こそガチャガチャの出番です。子供に興味を持ってもらうことが一番大切なので中身を吟味しなければならないでしょう。長時間滞在するお店は対策が必要です。