どんなお店に合う?

いろいろな業種の店舗で導入していますが、滞在時間の長い店舗には有効な手段でしょう。最初は大人しくしていても暫くすると子供は退屈さを感じ、辺りを走り回ったり大人にちょっかいを掛けてきたりします。大事な商談ですから、企業の側も集中してもらいたいのと同時にお父さん、お母さんも集中して買い物をしたいのが本音です。本当なら大人だけで来店したいような場合でも、子供を預けることが出来なければ連れて行くしかありません。

スーパーなどでは、好きなお菓子を一つ買ってあげるだけで子供のテンションはあがり、割と大人しくしていてくれるものです。ですが例えばカーディラーや住宅展示場などでは大きな買い物をするわけですから、集中しないといけません。大きな買い物をする時は子供をどうやってコントロールするかが非常に大事になってきます。

また、飲食店でも有効です。小さい子どもは食べる量が少ない為、大人より先に食べ終わることがよくあります。子供が大人しくしていてくれないと大人は食事が十分に楽しめません。そんな時はチョットしたおもちゃ等があると有効的です。でもいつも遊んでいるおもちゃを持って来店しても、すぐに飽きてしまう場合が多いでしょう。そんな時こそガチャガチャの出番です。子供に興味を持ってもらうことが一番大切なので中身を吟味しなければならないでしょう。長時間滞在するお店は対策が必要です。

中身が大事!

子供を集中させるガチャガチャですが、中身が非常に大切です。あまり安っぽいものだと折角用意してあっても、子供がすぐに飽きてしまいます。そうなってしまっては、ガチャガチャを導入した意味が無くなってしまいます。企業は商談に必要な時間だけ子供を集中して遊ばせる、興味を持たせることが必要です。ですからガチャガチャの中身を選ぶ際は慎重にならざるを得ません。定番なのは男の子は乗り物、女の子はお人形がよく使われています。

またその時のアニメなどで人気のキャラクターを選ぶのも良いでしょう。そうすれば必ず興味を持ってくれます。また、1回だけでなく複数回ガチャガチャを出来るようにしてあげることも場合によっては必要でしょう。1回だけではお気に入りのものが出ない場合だってあります。それで興味を持ってもらえなければ意味がありません。営業マンのチョットした計らいで上手く行く場合があります。

営業マンとしては、子供に大人しくしていてもらわないと、大人が商談に集中出来ないので、これは避けなければなりません。店舗独自の工夫を凝らしている場合もありますが、営業マンの機転も必要になってきます。来店者に商品を買って貰いたいので、集中してもらうことが何より大切です。

ガチャガチャによる効果とは?

ガチャガチャは子供向けツールとして有効なものの一つです。さらに男児向けと女児向けの二つに分けてあると良いでしょう。子供はガチャガチャで出たおもちゃで暫くは遊んでいてくれます。その間に大人は商談に集中することが出来ます。

子供を預けて来店出来るような環境であれば、お爺さんやお婆さんに預けて来店できるなら、それも買い物に集中する良い手段でしょう。今はなかなかこう言った環境であることは難しく、小さい子供連れで買い物に行かなければならない場合が多いです。

そんな環境で子供に手が掛かるような状態ではなかなか大人は商談に集中出来ません。子供に大人しくしていてもらう必要があります。そんな時にガチャガチャがあれば、暫く興味を持って遊んでいてくれます。企業にとっては有効なツールだと言えるでしょう。子供だけで行かないようなお店はこう言った工夫をすることが必要です。如何に大人に集中してもらうかが商談決め手の一つになります。

キッズコーナーよりもガチャガチャの方が子供の興味を引き付けることが出来、より重要なアイテムとなります。何が出るか分からないと言う条件が子供の好奇心をかき立てることに繋がります。ガチャガチャは単価もあまり高くなく、導入するのがやさしいツールだと言えるでしょう。

販促用のガチャガチャ

企業はいろいろと工夫した販促用ツールを利用します。ターゲットとなる性別や年齢層を十分に考慮して販促用ツールは決められて行きます。老若男女問わず使えるものはあまりありません。高齢者向け、成人向け、男性向け、女性向け、子供向けなど多岐にわたっています。その中で子供向けツールで人気があるのはガチャガチャです。幼稚園児から小学生くらいが主な対象となります。

もちろん幼稚園児や小学生が自分ひとりでお店へ出向くことはまずありませんから、同伴者のお父さん、お母さん、子育て世代がターゲットとなる訳です。お父さんお母さんが対象となる商品は非常にたくさんあり、一家の貴重な資金を使うわけですから一大事となります。スーパーのような来店して即購入出来るような店舗は販促ツールはあまり必要がないかもしれません。

しかし中には購入まで時間がかかる商品を購入しようとして来店した場合は、大人は商品を吟味しているから真剣ですが、子供は暫くは良いですが、少しすると退屈になってしますます。そんな時に有効なのがガチャガチャです。子供は何が出るか楽しみで、出た商品で暫くは集中して遊んでいてくれます。そうすると大人は商談しやすくなります。キッズコーナーも同様な効果があると言えるでしょう。子育て世代をターゲットとしている企業は、大人向けのツールはもちろん子供向けのツールも充実させなければなりません。そうしないと大人が集中して話を聞いてくれなくなってしまいます。